ホーム

加太について

 

 加太は和歌山市の北西に位置し、また東西に走る和泉山脈の西端に、あります。大和時代には、紀ノ川北岸沿い通る南海古道の最終点となっていたことが古書にもみられ、大和朝の文化圏にも属していた古い歴史を持つ土地でもあります。以後、大阪・江戸間の回船の寄港地として、また中国四国地方を結ぶ用地として栄えてきました。近年は、観光地として特に昭和42年、友ヶ島が瀬戸内海国立公園に指定され、脚光をあびるようになりました。また古来より漁業もたいへんさかんな地域です。